カテゴリー別アーカイブ: [Ar] Artisteer

Artisteerはワードプレスなどの主要CMSのテーマを簡単に制作できるアプリケーションです。

[Ar] Artisteer覚書



 

Artisteerで3段組とかにしたものを、ホームなど固定ページのテンプレートとして使うには?

エクスポート>WEBサイト用 で書きだしたモノから必要な部分のHTMLをコピーしてWordPressの記事にペースト。ウィジェットを記事内に置けるプラグインなどで対応出来る。

※更新する人がHTMLを触らなくて良いような配慮が必要

 



[Ar] Artisteer4はレスポンシブに絶対服従?



 

以下の記事、間違いです。ごめんなさい。オプション内からレスポンシブを切ることができます。

以下、需要があるかは不明ですが、自分用にメモしておきます。

Artisteer4のβ版が最終段階に来ました。まだ固まったりするバグは多いです。
HTMLが簡素になった分、CSSやJS側にしわ寄せ言ってる感じが大きいです。それと、IE8まではバッサリ切り落とされた感じです。
あと、今日現在のバージョンでは、日本語ファイルに記述ミスがあるので、ちょっとファイル触らないと、起動できません。

\Artisteer 4\Library\Data\Langs\Japanese.xml
をディスクトップにコピーして、 アプリ起動時にアラートが出ている名前の行(下から10行以内だったと思う)を削除します。
それを、同じフォルダに戻してあげればOKです。もちろん自己責任で。

レスポンシブはかっこいいな~と思っていましたが、細かいところをHTMLやCSSで手を加えようとした途端にぐちゃぐちゃになってしまう。無知がいけないんだけどね、少しでも簡単に使えればと思っていたのでとても残念な結果でした。

それに、よくよく考えたら、WPだとスマホ用にスタイル分けるのも簡単だしね。

で、ここからが本題。どうにかして、全体に深く根をおろしてるこの仕組みを動かないようにしたい。で、手を加えた結果、たぶんOKかなってところまでやったのでメモ。

設定から切ることができるのかな?などと思いつつも、色々手を加えた後だったので、、、

バックアップ取ってからやろうね。たびたびですが自己責任で。WP動かなくなっても知りません。


触るファイル:functions.php、style.css
たぶん、 responsiveって部分を読みに行かないようにすれば良いのかなって感じでの書き変えです。


まず、functions.php中の下記赤字部分を削除。

function theme_update_scripts() {
global $wp_scripts;
wp_register_script(“script.js”, get_bloginfo(‘template_url’, ‘display’) . ‘/script.js’, array(‘jquery’));
wp_enqueue_script(“script.js”);
wp_register_script(“script.responsive.js”, get_bloginfo(‘template_url’, ‘display’) . ‘/script.responsive.js’, array(‘jquery’));
wp_enqueue_script(“script.responsive.js”);
}

~~~~~~

function theme_update_styles() {
global $wp_styles;
wp_register_style(“style.ie7.css”, get_bloginfo(‘template_url’, ‘display’) . ‘/style.ie7.css’, array(), false, “screen”);
wp_enqueue_style(“style.ie7.css”);
$wp_styles->add_data(“style.ie7.css”, “conditional”, “lte IE 7”);
wp_register_style(“style.responsive.css”, get_bloginfo(‘template_url’, ‘display’) . ‘/style.responsive.css’, array(), false, “all”);
wp_enqueue_style(“style.responsive.css”);

}


で、style.css中の下記赤字部分を削除。

.responsive .art-header
{
background-image: url(‘images/header.jpg’);
background-position: center center;
}


たぶん、これでOKなはず。


追加情報:

プラグイン、「WP-prettyPhoto」と相性が悪い見たい。カラム落ちします。

下記はたぶん間違い。調べた結果、ちょっと前に変えたパーマリンクの設定が原因みたい。

4で作ったテーマにしてから数日して、アクセス数が激減しました。
まだこれが原因と決まったわけではありませんが、ちょっと注意が必要かも



[WP] シンプルなデザインテーマ



 

ワードプレス用、シンプルな雰囲気のデザインテーマデータです。

黄色と緑色を用意しました。要望があれば、他の色も作ります。



シンプルグリーン
SimpleGreenダウンロード


シンプルイエロー
SimpleYellowダウンロード


使用にあたってはダウンロードページをご確認ください。


ちなみにこのテーマはこちら(↓)のソフトで作っています。

Artisteer - Web Design Generator



[Ar] どこまでデザインできるのか実験



 

Artisteer 2は、レイアウトとか結構決まってるんですよね。
その中で、どこまでデザインが出来るのかトライしてみました。

シンプルなデザインで検証してみます。
ウィジェット部分の背景がテクスチャでごちゃごちゃしてるのは、テクスチャをひけるかの実験です。
残念ながら、記事部分にはテクスチャをひけませんでした。 
斜線とか走査線が入ってる部分はテクスチャを貼る事ができる部分です。


シンプルなデザイン
シンプルなデザイン


ZIPファイルです。自由に使ってください。
Simple2009120401_wp

現状での欠点は

  • レイアウトの自由度が無い
  • フォントがpx指定。リキッドデザインができない
  • 記事部分の背景とタイトルの背景にテクスチャを貼れない
  • ズープスとムーバブルタイプに対応していない
  • 良い写真が無い。良いアイコンが無い。

良いアプリケーションだと思うので、今後に期待したいです。


ちなみにこのテーマはこちら(↓)のアプリケーションで作っています。
トライアル版もあるので試してみると良いですよ。

Artisteer - Web Design Generator



[Ar] テーマやテンプレートを楽に作るには?



 



Artisteer 2 スクリーンショット


このサイトを作るのに使用したアプリケーションの紹介です。


ワードプレスとジュームラを始めようと思っていて、
デザイン変更の際の労力を軽減したかったので、ちょうど良かった。


Artisteer 2

DLサイト
Artisteer - Web Design Generator

書きだしたテンプレに透かしが入る以外はフル機能の、
無料版があるので、試してみると良いです。
綺麗なデザインになるように各ツールが設定されているので、
デザインが苦手な人にはかなりおすすめ。
雰囲気を見せるためのサンプルとしても使えそうです。


Home & Academic Edition $49.95(4,420円くらい)
XHTML+CSS、WordPress Theme

Standard Edition $129.95(11,500円くらい) <これ、買った
XHTML+CSS、WordPress Theme Joomla 1.5 Template、Drupal 5/6 Theme、DotNetNuke 4.9+ Skin、ASP.NET Application、CodeCharge Studio


かなり自由度が高いので、仕事レベルでもこれで十分だと思う。
自由なレイアウトはまだムリみたい。文字サイズはピクセル指定だね。

スタンダードエディションを使えば、ワードプレスとジュームラでデザインを同一にしたりもできる。
見た目をまったく同じくできるので、便利。

このブログも、このアプリで作りました。

ちなみに、海外のネットショッピングの際に便利なペイパル決済が使えます。

買った日から1年間、サポートされるっぽい。英語が苦手なので、自信ない。。。


追記:2009/11/22
Artisteer 2が、グーグルのブログサービス、ブロガー(http://www.blogger.com/)に対応しました。
この調子で、色々なCMSに対応してほしい。

定期的にバージョンアップしてくれているので、今後に期待大ですね。

あとは、もう少しデザインを崩したレイアウトにも対応してほしい。
リキッドレイアウトや文字サイズ変更にも対応してほしいな。


以下は、参考までに。Artisteer 2のライバルサービス。

Template Generator
コードを書かずにWordPressのテーマをデザインできるTemplate Generator
http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20385306,00.htm
サイト
http://pixopoint.com/generator/

templatr
これもだね。上のより有名みたい。
http://templatr.cc/