[web] 紙のデザイナーがWEB制作者に対して配慮するべきこと



 

WEBで作業するにあたって、効率を考えたときに考えた方が良い部分を適当に書いてみる。

イラレはパーツ数が多くなると重くなり、アプリ間の移動にロスタイムが発生するので、エクセルなどにする。

エクセルだと表現的に難しい場合は、イラレ1ファイルに複数ページつくるのは止める。非力なマシンだと本当に固まる。

特に、表データの部分は、1枠毎にコピペを繰り返すのは非効率すぎるので、エクセルで。

テキストもできれば、エクセルやテキスト形式で。

その際、タイトルや見出しや文章などの強弱はわかるように◆や☐や ・などでマーキングする。

日本語ファイルは、WIN⇔MACで文字化けするので、半角英語(ローマ字)で。

イラレの配置は使わない。 WIN⇔MACで絶対にリンク切れするので。

記事内で使う画像は、加工のことも考えて別ファイルにする。透過PNGデータかJPGの高画質が望ましい。

印刷データそのまま(350dpiなど)で送らない。重すぎてPCの負荷が大きい。DLや作業でロスタイムが多くなる。

他にもあると思う。




コメントを残す