[3D print] 現状最低価格の3Dプリンター、やってみて思ったこと。 



 

本体5万円くらい。送料1万円くらいでした。

苦労したこととか

出力が成功するまでの道のりが長い。組み立て>調整>出力テスト>調整>テスト・・・
失敗プリントの方が成功プリントより多い。
積層式の1ノズルタイプは現状だと精度の面でフィギュアなどには向かない。
積層式の1ノズルタイプは空中に浮いてる部分にサポートと呼ばれる土台を構築するが、ガッチリし過ぎてて何処が本体か分からないので、高度な工作技術が要求される。
3Dプリンターのパーツ自体を3Dプリンターで出しているので、精度と耐久性がとても低い。すでに可動部分のパーツが2箇所ほど破損。
プリント中に止まることがある。フィラメント(2Dプリントで言うところのインク)が出なくなることがある。
フィラメントを溶かしてプリントするのだが、温度調整の微妙な変化で失敗する。
サポートが英語なので苦戦。
日本語で紹介してるサイトが思ってたより少ない。

良い点もある

フィラメントが1キロ3000円くらいで、意外とプリントできる。最近の2Dプリンタよりかなりお得感がある。
なんだかんだ言っても立体物が出てくるのは楽しい。




コメントを残す